男気を高めるには精力剤が必要かもしれない

男気を高めるには精力剤が必要かもしれない

男らしさってなんだろう…ふとそんな疑問が頭に浮かびました。

女性にモテてる人は、堂々としていて自信が体中から漂っている。どうすれば、あんな風に振る舞えるのだろうか。

僕はモテたくてしょうがない。というのも、今まで彼女が今まで一度もいた経験がないからです。モテる方法を検索して、外見や内面・会話術について日々磨きをかけている最中。

ホットペッパービューティーで紹介されている、人気の美容室で髪を切るようにもなった。(前は千円カットで済ませていたなんて、口が裂けても言えない)

内面や会話術を磨くために、レンタル彼女というサービスを利用して女性と話す経験値も上げている。

それでも、何かが足りない気がする。男としてのフェロモンというか、女性を引き付ける魅力が僕には足りていないのではないか。

男らしさ=男性にしかないもの=ペニス。バカげた話かもしれませんが、僕には精力が足りていないのではと思えてきたんです。

性的な魅力って、人間の本能が反応するんじゃないでしょうか。精力剤って検索したらたくさんでてくるのは、僕と同じ考えの人がいるからなのでは。

思い立ったが吉日!精力剤で、性的な魅力を引き出していこうじゃありませんか。

ここでは、精力剤についてまとめてみました。

そもそも精力剤って何?
精力剤には、3つの効果があると期待されている。①生殖機能の増強②更年期障害の改善③疲労時の滋養強壮です。

健康の維持や向上に役立つ成分が含まれているため、免疫力アップや自律神経の正常化、さらにホルモンバランスを整えると言われています。

サプリメントとして取り扱われている場合もありますし、精力向上を謳っているドリンクも販売されているんです。

<どんな成分が含まれているのか>効果・作用
精力剤の主成分として、メチルテストステロン・タウリン・マカ・亜鉛・シトルリン・トンカットアリがあります。

それぞれの特徴について、説明していきます。

〇メチルテストステロン
医薬品成分として、分類されています。男性の性機能の障害、造精機能障害、男子不妊症、末期女性器の癌、乳がん(手術不要時)の治療薬に、含まれています。

テストステロンは、性欲や勃起機能に大きく関わっているとのこと。適度な量が分泌されれば、性欲・精子形成に有効です。

〇タウリン
一説によると、疲労回復を助けると言われています。多くの栄養ドリンクに、含まれている成分です。

〇マカ
性欲の増加・EDの改善・疲労回復・精子の運動能改善に、効果があると言われています、栄養価の高い植物なので、健康へとサポートしてくれるとのこと。

〇亜鉛
精子形成や性欲に関与しているので、意識して摂取したい成分。

〇シトルリン
血管拡張作用があると考えられており、勃起力アップが期待できます。ペニス周辺の血流量が増えれば、太く硬く勃起できるからです。

〇トンカットアリ
男性の滋養強壮やホルモンバランスの調整のため、活用されます。

▶精力剤を半年飲み続けてみた
精力剤って調べれば調べるとほど、その効果の信憑性があいまい。なぜかというと、体質改善をして精力を上げようという目的のもと作られているから。

つまり精力剤を飲んで、すぐにペニスがでかくなるとか、精子の量が増えるとかって効果は得られない。疲労を回復したり、健康的な身体になれば、結果ペニスも元気になりやすいよという話なんですね。

でも実際にどんだけ効くの?って、気になるのではないでしょうか。

試しに半年間、精力剤を飲み続けてみたので、どのくらい変化が見られたのか書いていきます。

僕の場合、マカを主成分とする精力剤を選択。
半年飲んで感じたのは、
・以前よりも気持ち勃起の硬さが増した
・朝感じていた疲労感が減った
という印象でした。

先にお話ししたように、急激に変化があったわけではありません。徐々に、体の調子が良いぞ!と実感していきました。

ただし、気をつけてほしいのが効果には個人差があるという点。あくまでも参考にして頂けたらと、思います。

<心境の変化が大きい>
マカを飲むようになって、気持ち的に男としての自信が湧いてきました。実際に、心に作用するわけではありません。

「マカ飲んで精力アップに励んでる俺、なんかいい!」ってなりました。伝わらないかもしれませんが、自分磨きをし続けていると自己肯定感が高まるんだと思います。

この調子なら、女の子とデートしても堂々としていられる気がします。