モテる方法ってこんなにあるんだ

りあるにいる女の子と手も繋がないまま一生を終えるなんて、そんなの僕は嫌です。

今までの記事で、モテない僕の人生やアダルトチャットについて、欲求不満女子の見分け方を記していきました。記事を書いているうちに、僕は気づいてしまったんです。

リアルにいる女子からモテるには、自分を磨かなければいけないと。魅力的な男になれば、女性が僕をほっとかないはず。

僕は決意しました。モテない人生に終止符を打ちます。そこで、モテテクについて徹底的に調査しました。モテ男になるには、ルックス・マインド・会話術を磨かなければいけないようです。

それぞれの項目にそって、詳しく説明していきます。

▶ルックスを磨くのは基本

人は見た目が9割だと、聞いたことありませんか。たしかにどこかで、聞いたかもしれない。ルックスが良いと、仕事や恋愛においてプラスに働く場合があるようです。

じゃあイケメンじゃないとダメなのかって、そうではありません。ルックスを良くするには、身だしなみやファッションに気を配るのが大切なんです。

<好印象を与えるには自分に合ったヘアスタイルを>
散髪屋でただ髪を短く切ってもらっているなら、ヘアスタイルについて学びましょう。自分んに合ったスタイルを見つければ、何割増しにもかっこ良くなるからです。

自分に合ったとは、骨格や肌の色、雰囲気にもマッチしているどうかで判断します。髪がボサボサだったりフケがついていたりするのは論外です。

<似合う服が分かればセンス良く見える>
モテる男の条件として、ファッションは欠かせないもの。特に清潔感を醸し出す白いTシャツやシャツを着こなせば、女性の視線が集まること間違いなしです。

ただし気をつけたいのは、個性が強すぎる柄や色見。ひょう柄や原色が悪目立ちしている洋服だと、好印象にはならないので止めましょう。

振り返ってみれば僕は、なかなかにガッションセンスがなかった。偉そうに解説しているけど、よれよれのTシャツに寝癖つきのヘアースタイルはデフォルト。それでモテようとしていたんだから、なかなかの勘違い野郎だったのかも。

でも僕は変わる!身なりを整えて、さわやかな男性を演出してやりますよ。

▶強さと余裕のある男は最強
見た目だけ整えても、わがままだったり自己中心的な性格だとモテないようです。まあたしかにどんなに美しい女性でも、マナーの悪さや口の汚さが際立っていると引いてしまいますね。

女性から見ての男性も同じ。

モテる男性には、揺るがない信念があり心にも余裕があるものです。

<がっつくのは遠回り?余裕のある姿勢に女は惹かれる>

好意を寄せる女性に対して、電話やLINEでがつがつしていませんか。積極的な姿勢はいいけど、「がっついている」「ヤリ目的なのかな」と思われて女性から距離を起れる可能性があります。

デートに誘いたい女性が居たら、すぐに予定を取り付けるのはNG。女性の都合をうかがいながら、タイミングの良い日に合うようにしてください。

<褒め上手は好かれる>
女性が褒めてほしいここぞというポイントを突けば、かなり好印象にうつるでしょう。しかし、「可愛いね」「セクシーだね」「綺麗だね」を連発すると、軽い印象を与えるので良くありません。

もしネイルにこだわりをもっている女性なら、爪を褒めれば喜ばれます。そのとき、変にたどたどしく話したりニヤついたりしてはいけません。あくまでも自然に、サラッと褒めのが紳士のやり方なのです。

▶居心地が良いと思ってもらうには会話術を磨こう
外見、内面と磨きをかけたら、トークスキルを磨いていきましょう。

意中の女性とデートをしているのに、「何を話したらいいんだろう」と困ってしまっては女性を退屈させてしまいます。自身のない話し方をすると、相手にも伝わってしまうので良くありません。

モテ男の話し方の特徴は3つ。
・ゆっくりとハキハキ話す
・結論から伝える
・表現豊か

ハキハキした声で話すと、自信がある男なんだとアピールできます。自身のある男に女性は弱いので、よく通る声でやり取りしてください。

ダラダラと長く話が話されると、聞いている側は疲れてしまいます。「俺はこう思うんだよね。なぜかと言うと」という具合に、結論と理由をセットにすると良いでしょう。

聞いている側も「なるほど」と納得しやすくなり、会話がスムーズになります。

また表現豊かな男性からは、知性や遊び心を感じさせます。

会話術について学んでいると、かなり学びが深いですね。今まで相手の気持ちなんて、考えずに話していました。女性を退屈させてしまわないように、聞き手の気持ちを気にかけてみます。